2016年07月18日

「暮らしの手帖」とわたし(大橋鎮子)

【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本) -  

本人89歳の時に、子ども時代、暮らしの手帖を始めて花森氏が亡くなるまでのことを書いた。ドラマよりこの本に書かれてる事実の方がシンプルて面白く、本物の鎮子さんの方がものすごくバイタリティーがある。

大正9年3月10日、東京麹町の病院で生まれている。父は岐阜県で生まれ深川の材木やの養子となり、北大に進学し、麻を作る会社に就職。母は京都で生まれ小樽で育ち、なんと女子美を出ている。北海道の工場長として赴任した鎮子の父と小樽で出会い結婚。父亡き後は財をなした母方祖父のおかげで学校を出たとある。

職歴も日本興業銀行の調査課で経済などと銀行内の資料を作る所に配属。同期には男性15人、女性が10人位いたとある。その後、もっと勉強がしたいと銀行をやめた先輩に刺激され、日本女子大に入学するが風邪をこじらせ結核のようになり半年で退学。で日本読書新聞に入る。日本読書新聞が日本出版文化協会の機関誌を作るようになったため日本出版文化協会に出向。そこで終戦。

出征していた男性も戻ったが、「使われていたのでは収入が少ない、今まで女で一つで私たち姉妹を育ててくれた母や祖父に恩返しをしたい、自分は戦争中の女学生であまり勉強もしていない、私の知らない事や、知りたい事を調べて出版したら、自分より上下5歳位の人が読んでくれるのでは」ということで雑誌作りを思い立つ。

で、花森氏の紹介を受け、その思いを話すと「僕は母親に孝行できなかったから、君のお母さんへの孝行を手伝ってあげよう」とその日のうちに方向性が決まったとあります。また花森氏は「二度と戦争にならないよう、自分の暮らしを大切にするようにしたい、みんなにあったかい家庭があったら戦争にならなかったを思う」と語ったとある。なんと花森氏は大政翼賛会にいたのであった。ここが衣・食・住、あの暮らしの手帖の原点なんだ、あのどこかかたくなさを感じる誌面はここであった。
posted by simadasu.rose at 07:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

雇用身分社会(森岡孝二)

雇用身分社会 (岩波新書) -
雇用身分社会 (岩波新書) -  2015.10

著者は関西大学経済学部で2014年まで教えていた。専門は企業社会学。雇用の状態〜正社員、パート、アルバイト、臨時、派遣などによって給料が違い、雇用が身分化して所得分布が階層化しているとする。

明治中ごろから紡績などに女工が集められたが、多くは募集人によって農村部から集められ工場に送り込まれた。この場合雇用関係は工場主と女工との契約の前に、工場主と募集人との契約関係であった。85年に労働者派遣法ができたことによりこの戦前と似た関係になった。くしくも85年は同時に均等法もできている。

雇用身分社会から抜け出す鍵として、1労働者派遣制度を抜本的に見直す〜著者はゆくゆくは制定以前の規制に戻したいが単純業務の職種を禁止とすべきとしている。2非正規労働者の比率を引き下げる。3雇用・労働の規制緩和と決別する。 4最低賃金を引き上げる。 5八時間労働制を確立する。 6性別賃金格差を解消する。を提案している。これができれば安倍さんは苦労しないが・・

またディーセントワークという言葉を紹介している。これがこの本の最大の収穫だ。decentとは見苦しくない、礼儀正しい、恥ずかしくない、裸でない、人並みの、人間らしい、親切な、寛大な、適切な という意味。著者は「まともな働き方」としている。また、江口英一の『現代の「低所得層」 ―「貧困」研究の方法』 (1979)を紹介し、その中でワーキングプアは「あるべきものがない状態」、人並みの状態が「剥奪deprivation」されており、一般に当然と認められている状態から遠ざけられているので、社会参加不可能の状態に置かれている、と紹介し、デプリベーションはディーセントでない状態、であるとしている。

お金がないのは社会問題だというのは誰でも分かるが、根本の問題は、不安定な雇用により、まともな権利(正当な賃金と社会保障)から遠ざけられ、「社会参加ができなくなっている」ことだというのが分かった。この考えを政治家、企業家に認識して欲しい。
posted by simadasu.rose at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・上流下流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

小林カツ代と栗原はるみ〜料理研究家とその時代(阿古真理)

小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書) -
小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書) -  2015.5

2014年1月に小林カツ代さんが亡くなって約1年後に出た本である。結婚して初めて料理本なる物を見、真面目に料理に取り組んでいたのは子育て期の80年代と90年代だ。その時のビッグネームはこの本の題名のとおり、小林カツ代と栗原はるみか。戦後、料理研究家と言われた人たちの生き様とその料理の特徴をその活躍した時代とともに語った本。小林カツ代は常識をくつがえす時短料理の革命としてとりあげられている。

料理の内容から、本格派、創作派、ハレとケの4つにグループ分けして語る。小林カツ代はケの創作派、栗原はるみは創作派、西洋料理の本格派は飯田深雪や江上トミ、土井勝など。80年代は図書館でたくさんの料理本を見た。この本には取り上げられていないがさらに優雅な藤野真紀子、お菓子の今田美奈子もなつかしい。



posted by simadasu.rose at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・その他ジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働く女子の運命(濱田桂一郎)

働く女子の運命 (文春新書) -
働く女子の運命 (文春新書) -  2015.12

今なおなぜ”女子”が働きづらいのか、明治期からの女子の働き方、日本の雇用(男性の)の歴史を概観することで、今の”女子”の置かれた状況をあぶりだす。

欧米では日本より女性が働きやすくなっており、M字型も台形型になっているが、それはそう昔のことではなく60年代になってからだという。その源泉は賃金に対する考え方で、欧米では企業の中の労働をその種類ごとに職務(ジョブ)として切り出し、その各職務を遂行する技能(スキル)のある労働者をはめこみ、それに対して賃金を払う。経理のできる人、旋盤のできる人といったように。なので女性の労働問題は、女性の多い職種はおおむね賃金が安く、男性の多い職種(管理職とか)に女性も進出する、ということであったという。

それに対し日本は、会社のメンバーを募りメンバーはどんな職務内容でもやるというやり方。しかも賃金は労働者の生活を保障するべきものである、という生活給思想が根本にある。それは大正11年に呉海軍工廠の伍堂卓雄の発表した「職工給与標準の要」であるという。それは第二次大戦中、戦後の労働運動の中でも継承された。扶養手当の思想はここから始まっていたのだ。

そして85年に均等法ができるが、それは世界的に男女平等が進められた時代で、欧米はジョブ型に立脚して女性の雇用を進めたのに対し、日本は生活給という日本型雇用・会社のメンバーとして一丸で働くという立脚点で進められた点にねじれがある、というのだ。

日本型の女性労働の平等化は会社のためなら深夜でも外国でもいとわず、どんな仕事でもやります、という男性の土俵に女性も乗せるもの。均等法から30年、ワークライフバランスという言葉がむなしく響く。
posted by simadasu.rose at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・女性(評論・エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やってはいけないウォーキング(青柳幸利)

やってはいけないウォーキング (SB新書) -
やってはいけないウォーキング (SB新書) -  2016.1

店頭でみて思わず買う。実はこの3年位、土日の朝は2kmくらいウォーキングをしている。しかもだんだん朝起きるのが早くなって、特に夏など4時代に眼が覚め、太陽が昇る前の、ひんやりした白々と空けようとする朝霧の中を歩くのがとても気持ちいいい、と感じていた。

しかし、朝起きてすぐ歩くのはイケナイと書いてある。血がどろどろ状態なのだそうだ。スポーツ大会でも記録を出すために決勝は夕方行うのだそうだ。それは何故か、体温なのだという。体温は朝起きた時からだんだん上がって夕方ピークになる。そして筋肉の活動は体温が高い方がよく働くのだそうだ。なので、健康ウォーキングもなるべくなら夕方、それが難しい場合は、少なくとも朝起きてから1時間は経ってからするのがいいそうだ。で、時間も20分でいいそう。

以後この教えのとおり、1時間たってから20分歩いている。この20分もとても実行しやすい。前は30分は歩かないと、と思っていたがけっこう大変。10分の違いだが20分はすぐ経つ。
posted by simadasu.rose at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・その他ジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都ぎらい(井上章一)

京都ぎらい (朝日新書) -
京都ぎらい (朝日新書) -  2015.9

先日、足利尊氏の歴史番組に著者が出ていて、アナウンサーから「京都出身の井上さんです」と紹介されたら、「ちょ、ちょっと待って、京都と言っても嵯峨なんで」と言っていた。子どもの頃、著者の父や祖父は、京都の中心部に行くことを「京都に行ってくるわ」と言っていた、というのが載っていた。なるほど、そういうことか。

逆に言うと、著者の言うホントの京都・御所とかのある中心部で育った者たちから発せられる、周辺部は京都じゃない、という言外の雰囲気を著者は感じている。

実はこの感じはよく分かるし実感する。京都ではないが、自分の住んでる市であるが、我が家は市の中心部からは10km近く離れ500mも行かないうちに隣の市になり、いわゆる昭和の大合併でその中心部の町に合併した村なのだ。で、中心部に行く時は「京都に行ってくる」と同じ言い方をするのである。ただ、著者とちがうのは、中心部に対し、何の劣等感もいだいていない点。田舎でいいじゃ〜ん。
posted by simadasu.rose at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歴史地理伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世襲格差社会(橘気俊詔・参鍋篤司)

世襲格差社会 - 機会は不平等なのか (中公新書) -
世襲格差社会 - 機会は不平等なのか (中公新書) -  中公新書 2016.5

「格差社会」「日本のお金持ち研究」などで日本の経済格差を論じてきた著者による、”職業の世襲”について現代の様相を論じた著。
農業、商店、政治家、歌舞伎役者、文楽、医師、弁護士、会計士、弁護士など職業別に世襲の現れ方と、世襲がされていく職業、世襲されにくい職業を考察し、社会経済からみたその功罪、機会の平等について考えた。

継がれなくなりつつある仕事として、農業と商業。親から子へ「継がせよう」とする仕事として医師を挙げる。また「継ぐか、継がないかを分かつもの」として職業威信を挙げている。職業威信とは一般的に人々が考える、個々の職業の社会的な地位の高さを示すものという。職業威信の一番高いものは「裁判官、検察官、弁護士」で次に「医師」だが、医師で世襲が多いのは、開業などする場合設備が既にある、患者を引き継げる、収入が高いなどあり世襲が行われる。一方弁護士などだと日弁連資料では6%だという。、これは司法試験が難しいのと収入が一部を除きさほど高くないからだという。

世襲の功罪では、まず農業や商店など継ぐべき基盤があれば無業者になるリスクが減るなどを挙げる。また時代に合わせ新機軸をうちたてやすいのは世襲者であるという。猿之助のスーパー歌舞伎のようなものは梨園出身であるからできることで、一方文楽は世襲ではなく、外部からの人が伝統を守るべく就業する集団であるので、そこで新しいことをやるのは難しいという。企業でも経営が危機に陥って、将来を見据えた改革を行うのに重役たちを説得できるのは、創業者の血をひく貴種で、そこに世襲のプラス面もあるとしている。ただし公的な議員とかの世襲は、新参者が議員になるのを狭めておりマイナス面の方が大きいとしている。

間に有名人の親子についてのコラムが5つあり、「親子二代の名選手はいるか?」で親を超えられなかったスポーツ親子、「息子が親を超えた」で親を超えたスポーツ選手、「学者の世界」などおもしろい例があり一息つける。
posted by simadasu.rose at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・上流下流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

モランディ展(岩手県立美術館)

モランディ展 28.5.22 

日曜美術館で紹介されたのを見て行ってきました。兵庫、東京ステーションギャラリー、岩手で開催。東京は終わってしまっていて、旅行がてらいいかと盛岡に行ってきました。気分的には東京なみにちょいと行けるつもりだったのですが、悲しいかな新幹線は飛ばされてしまうので仙台乗換。しかも乗り換えたのが札幌まで行くやつで全席指定だった。えーっとなったが、乗ってから指定席券を買って下さいと言われ、無事席が空いており行けました。

さて盛岡に着き、美術館へ。盛岡まで行こうと思ったのもネットで調べたらこの岩手県立美術館の建物が素敵だったからです。
岩手県立美術館1

岩手県立美術館・岩手山 岩手山も見えます。

さて肝心の絵、真新しい館内と洗練された展示で、壺やカンが薄茶と黄土色となり、そこここにある、といった趣でした。高島野十郎のロウソクといい、このモランディの壺・カンといい、題材へのまなざしですよねえ。

ジョルジョ・モランディ -
ジョルジョ・モランディ -  モランディ画集 2011

日曜美術館blog モランディの故郷ボローニャの旅

さて郷土の画家たちの部屋も回った後、1階のランチルームで景色を見ながら昼食。こちらもなかなかよかったです。

その後歩いて、「原敬記念館」へ。
大正時代に平民宰相として活躍した原敬の生家に隣接して建てられた展示室と、生家の一部がありました。展示をみてると祖父は盛岡藩家老とあります。戸籍もあり、そこには士族とあります。係の方に聞くと、原敬は二男で、平民として分家したとのこと。そこには長男や戸主は徴兵を逃れられたからという面もあったと説明してくれました。なるほど分家したのはパンフをみると明治8年、19歳の時。でも明治22年にはこの免除は廃止されています。明治22年には原は農商務省参事官となっています。う〜ん、平民宰相はどうですかね。しかし教科書の1行でしかなかった原敬を目の当たりに感じました。

原敬の大正 -
原敬の大正 -  松本健一著 2013毎日新聞社刊  

さて盛岡駅に戻るべく、タクシーにするかと思いましたがちょうどバスが来たので30分乗り、盛岡城の石垣も車窓からながめて駅に戻りました。駅に戻りすぐ脇にある、都市開発をしたらしい高いビルの上に行き景色を見まわし、盛岡を後にしました。

盛岡駅から南方
盛岡駅から南方

盛岡駅から岩手山
盛岡駅から岩手山
posted by simadasu.rose at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高島野十郎展(目黒区立美術館)

高島野十郎展 目黒区立美術館 28.4.30

かなり前、日経新聞で白黒のロウソクの絵を見て、心に残ってた画家。それが今年何か所かで展覧会が開かれ、目黒区立美術館に出かけた。駅から10分位なのに、途中、目黒川を渡ると公園になり美術館が現れた。ロウソク、の他何も情報なしで行ったのだが、展示で来歴が分かりやすく紹介され、絵もほぼ年代順に並べられていた。

明治23年生。芸大ではなく東大農学部を出て、大正5年、卒業と同時に画業に専心。絵は独学とある。実家は久留米で資産家だから暮らしていけたのか。昭和3年、絵画グループ「黒牛会」に入るも3回の展覧会をやって解散。これ以後徒党を組むことはなかったとある。おもしろいのが住居の変遷。昭和5年、ヨーロッパに行き、昭和8年に帰国、住居は久留米。その後昭和11年に上京、青山で戦後まで25年間過ごす。その間、戦前は2年ごとに個展を開催した。昭和39年、東京オリンピックで住居が道路拡張のため立ち退きを求められ、千葉県の柏市増尾に移る。移り住んだ場所は井戸水、ランプだったという。で、また柏市の宅地化に伴い転居せざるをえなくなり、近くの元剣道場を改造して住み、ついに足腰も弱り最後は「野垂れ死」を願っていたが、昭和50年9月、野田市の老人ホームで静かに死を迎えたとある。85歳。

絵は風景、花、川、几帳面な筆である。ロウソクの絵は青山時代から描き始めたとあるが、展示は別室で「ロウソクの間」としてダーっとロウソクばかり10点余並べてあった。壮観。来歴を知ってからのこのロウソクの展示室となる、それまでの1人孤高の画業が一つのちびたロウソクの炎でちらちら燃えているようだ。ひとつひとつ違っていて同じロウソクは無い。

このほか月も何点か連作がある。初めて広く紹介されたのが没後5年たった昭和55年の福岡県文化会館での「近代洋画と福岡」という展覧会らしい。その後昭和61年に福岡県立美術館で「高島野十郎展」が開かれ、昭和63年には久留米と目黒区美術館でも展覧会が開かれたとある。東京は盛況で東京の新聞各紙が取り上げたとある。すると目にしたのはこの時か。ちびたロウソクの炎が燃え続け、30年近くの歳月を経て目にできたことになる。

目黒川 目黒川。目黒はすごい坂の町でした。帰りに入った美術館そばのうなぎ屋がおいしかったです。
現在は足利市立美術館で開催中。 

島野十郎 -
島野十郎 -  展覧会図録。表紙はロウソクではなく月。

野十郎の炎 -
野十郎の炎 -  評伝 2006 多田茂治著


posted by simadasu.rose at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

サンローラン(ギャスパー・ウリエル主演)

サンローランの最も輝いていた1967年からの10年間を描いたもの。レヴェナントの次の日に観ました。時代差150年、対極の世界です。こちらは晩年のサンローランにヘルムート・バーガーが出ていると知って観てきました。時の流れと人間関係とファッションと、その制作現場と。一時代を築いたサンローランの内側を知る格好の映画でした。サンローランの服は一度も着たことはないけれど、ファッションと人生にとても興味が湧きました。少し前に別のサンローラン映画も公開されていたようで、こちらはサンローラン財団公認のもの。しかし、どちらも俳優はそっくりです。本物がかっこいいのね。共同経営者のピエール・ベルジェやその他の恋人との描き方の違いなのか。

肝心のヘルムート・バーガーは、「これは4代目だ」とフレンチブルドッグをなでながら出てきましたが、江守徹を思い浮かべてしまう風貌だった。でもファンは貫きますよ。このフレンチブルドックはスパイスでした。薄暗い自室で1人TVでビデオを見てる場面があって、それが「地獄に堕ちた雄者ども」だった。おもわずにんまりしてしまった。

「サンローラン」公式サイト

SAINT LAURENT/サンローラン [DVD] -
SAINT LAURENT/サンローラン [DVD] -  もうDVDが発売されている

イヴ・サンローラン [DVD] -
イヴ・サンローラン [DVD] -  こちらはサンローラン財団公認のもの。

イヴ・サンローランへの手紙 -
イヴ・サンローランへの手紙 -  ピエール・ベルジェ著 2011  サンローランが亡くなってから書かれたもの。

posted by simadasu.rose at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon