2017年08月18日

イギリス旅行6 アビーロード、ウィンザー城

7/4 9日目 
7041アビーロードスタジオ.jpg アビーロードスタジオ入口。最終日の午前中の自由時間を利用して、念願のアビーロードに行ってきました。宿泊場所はロンドン空港近く、地上線DLRのロイヤルビクトリア駅で乗り、カニングタウンでジュビリー線に乗り換え、セントジョーンズウッドで下車。朝は8時前に出たのですがちょうど出勤時間帯で混んでました。駅からは5分位、地図を見ながら迷わずに行けました。門は落書きでいっぱい。日本語はちょっと見当たりませんでしたが、日本人には会いました。誰かの録音があるのか、録音機材を運び込んでいました。
7042アビーロードショップ.jpg 隣はショップ。9時半になるのをまって隣のショップに入りました。このショップがなかなかよかった。ジョージ・マーティンの楽譜がかざってありました。Tシャツとキーホルダーを買いました。
Abbey Road ShopのHP


7043アビーロード横断歩道.jpg 車に気を付け、2,3度横断しましたが、きちんと車は止まってくれました。
7044アビーロード横断歩道2.jpg 絶え間なく観光客がやってきました。

7045シャーロックホームズミュージアム.jpg シャーロック・ホームズミュージアム。地下鉄で一駅ですが、駅にあった地図を見て、反対方向にあるシャーロック・ホームズホテルに行ってしまい、戻ろうと立っていたら、背広を着たアフリカ系の男性が日本語で「どこへ行きたいのですか?」といきなり後ろから声をかけてくれ、ホームズミュージアムへというと日本語で教えてくれ無事たどり着けました。が、すでに20mくらい行列ができていて、写真を撮って戻りました。博物館HP

7046ウインザー城1.jpg ウィンザー城。小中学生が先生に連れられたくさん見学にきていた。日本でいうなら京都や皇居に行って自国の歴史を学ぶのと同じか。

7048ウインザー城3.jpg この部分が女王の執務室となる。衛兵は黒帽子だった。これで見学場所はすべて終わった。

イギリスというと、かつての栄光の国、とぼんやり思っていた。がしかしどっこい、そうではないゾ、昔も今も元気に生きていると感じた。伝統を守りそれが観光や国民のよりどころとなっているというのはやっぱりそうかと再確認のような感じだが、今回強く感じたのは農地の広さ。囲われた農地は広く~おぼろげに単語だけ覚えている「囲い込み運動」を調べると、それで農地が広く再編されたようだ。それに山(丘?)のてっぺんまで牧場や畑になって、食糧自給率も高いらしい。小学生の頃社会科ではイギリスは食糧自給率が低く日本は高かったと記憶しているが、今や逆転しているらしい。

親しんでいる文学、美術、ロックなどこういう風土で生まれたのか、と駆け足観光だったがこの目で見られたのはよかった。またイギリスの縮尺の大きい地図を初めてまともに見たが、地名にモントローズ、カーライル、フリートウッドなどを発見し地名にちなんだ苗字だったのかと思った。食事や気候などなにかと驚きだったスコットランドだが、もう一度ゆっくり鉄道で巡ってみたい。

ラベル:イギリス旅行
posted by simadasu.rose at 18:20| Comment(4) | 旅・海外 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アビーロードでは皆さん撮影してましたか?
ミニオンズの映画の中で、ちょうど4人が横断している下のマンホールを開ける場面があって、
若い人が「あれって何のエピソード」と同行者に聞いていたので(伝承されてないのか)たまたまでしょうけど、驚きました。
聞いてくれたら説明できるのに(-_-;)
あー教えたい(笑
Posted by タネ at 2017年08月26日 18:14
もちろん皆撮影してましたよ。私も家人に何枚も撮ってもらいました。来年の年賀状はこれかなー?
車の途切れた時を狙い横断しはじめるのですが、車が来てしまっても止まってくれました。

ミニオンズ、なんとアビーロードを使ってるんですね。検索すると出てきました。横断歩道位置はジャケット撮影時より10m位移動してるとガイド本に書いてありました。今から50年位も前のことですもんね、20才位の人からしたら大昔ですよね。

とりあえずイギリスに行ってきたぜ、というところです。
Posted by ろ~ず at 2017年08月27日 08:40
コメントいただきありがとうございます。
アビーロードに行ったのですね、羨ましい。
私は2月にロンドンとパリへ行くのですが、駆け足ツアーなので、アビーロードもリバプールも行けません、残念です。
私は4年前に台湾へ行ってから旅行にはまりました。せいぜい帰省で岩手へ行くぐらいでしたので、自分がこんなに旅行好きとは知らなかったです!(^^)!
今まで小説で読んでいた冒険を体現できるのが旅行だと思っています。
Posted by hello_nico at 2017年10月27日 02:23
アビーロードはツアー中唯一の自由時間で行きました。やはり自力で行くと印象もより強まりますね。イギリスが舞台の映画とか紀行ものとか見ても実感が湧きます。なにより慣れ親しんだブリティッシュロッカー達が、こういう所で育ち生活してるのか、と感じられたのがよかったです。

2月のロンドン・パリ、楽しんできて下さい。
Posted by ろ~ず at 2017年10月29日 10:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon