2017年06月21日

そこに僕はいた(辻仁成)

そこに僕はいた (新潮文庫) -
そこに僕はいた (新潮文庫) -  (初版は1992.2角川書店)

小学生から高校生までの18の出来事を綴る。父親の転勤に伴い福岡、帯広、函館と転校した辻氏、それぞれの地にそれぞれの出会いと出来事があり、語られる友と大人とそして僕は、セピア色の世界で実に生き生きとして、実に個性的。

辻氏は転校生であったが、また転校生もやってきて去って行った。鹿児島弁だったり壱岐島から来たり。また友達の家に行けば、「あんひとはゴサイやけん」と言われ家に帰って母親に「ゴサイ」の意味を尋ねたり、”不思議なことに黒沢のお母さんは家の中でも化粧をしていた”が、ほどなく黒沢の両親は離婚し黒沢は転校してしまった・・ などと子供からみた大人もなにか大人の事情が垣間見える描写だ。

「新聞少年の歌」と書名の「そこに僕はいた」は中学1年の教科書にも載ったようだ。どちらも小学校の中学年の頃の話だから昭和40年代前半の話。新聞少年と、右足が義足のあーちゃんの話。どちらも辻氏には未知の経験をしている少年と遊び仲間のあーちゃん。その理解できない部分の辻氏の心理描写が秀逸だ。「海峡の光」で書かれる私の心理描写とも通じるものを感じる。国語の時間には先生は「この時僕やあーちゃんはなんて思ったのか?」なんて授業で聞いたりテストに出したかも。

僕の記憶の福岡、帯広、函館と、辻氏手書きの絵地図が載っている。


そこに君がいた (新潮文庫) -
そこに君がいた (新潮文庫) -  2002.7

続けてこの「そこに君がいた」も読んだ。これも小中高のエピソードを書いたもの。これは平成6年にベネッセの学習誌「チャレンジ」に1年間同題で連載されたものに書き下ろしを加えたもの。何年生のチャレンジ連載かわからないが、従ってチャレンジの読者のおそらく小学校高学年、中学生あたりに向けたと思われる文体だ。

「そこに僕はいた」にも登場した社宅の隣の読書家のヨーちゃんも登場するが、悲しい結末だ。


音楽が終わった夜に (新潮文庫) -
音楽が終わった夜に (新潮文庫) -  (初版は1996.8マガジンハウス刊)

こちらは辻氏の結成したクバンド、エコーズの結成前夜から解散まで、バンド仲間、音楽についての思いを語る。大学時代のアルバイト先のジーパン屋でのバンド仲間との出会いのエピソードがおもしろい。70年代末から80年代のロックシーン、バンドブーム以前のアンダーグラウンドと言っていいか、ルイードやロフトやアシベなどのライブハウス出演の裏事情など興味深い。エコーズ、名前は知っていたが実は音を聞いたことが無い。これを読むと大阪厚生年金会館とか全国でコンサートをしていたようだ。しかも「そこに僕はいた」にも登場する弟がマネージャーになっていた。

また、小説家の奥泉光さんとブルースバンドを組んだ話が出てきた。それでなんと部屋の整理をしていたら、奥泉氏の「その言葉を」の文庫本が出てきた。
posted by simadasu.rose at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon