2017年06月17日

函館に行ってきました2摩周丸・教会

函館9摩周丸外観 2日目はまず青函連絡船の摩周丸を見学。デッキは海上高く雨上がりのせいかすべりそう。湾内に大型客船が寄港して外国人がたくさんいたがこのデッキ見て船旅は向かないかもと思う。

函館7摩周丸制服 乗務員制服

函館8摩周丸船室 運転室。かつて乗船していたであろう方が制服で控えていた。青函連絡船というとやはり遭難事故。洞爺丸1隻かと思っていたがほかに4隻も同時に沈没していた。しかも湾内に錨を下ろし避泊していての沈没だったのだ。水上勉の飢餓海峡の印象が強い。当時の新聞や天気図など詳細な資料があった。

また路面電車に乗り教会群を見学
函館11函館聖ヨハネ教会 屋根が印象的な聖ヨハネ教会

函館12函館ハリストス正教会 函館ハリストス正教会。 神田のニコライ堂のあのニコライ神父がここ函館を拠点として日本正教会を創設した。ここには日本人女性・山下りんの手によるイコン画が掲げてあった。

山下りん―明治を生きたイコン画家 (ミュージアム新書) -
山下りん―明治を生きたイコン画家 (ミュージアム新書) -  北海道立近代美術館刊
TV「美の巨人たち」にも取り上げられた。

また、レストラン五島軒の初代料理長、五島英吉は五島列島五島藩の武士だったが戊辰戦争で敗れ、ここハリストス正教会に匿われ、10年間ロシア料理を学んだ。教会を見終わり歩いていたら偶然五島軒本店の前を通りちょうどお昼でカレーを食べた。 →五島軒HP

函館10カトリック元町教会 カトリック元町教会 
3つの教会どれも絵入りの土足厳禁の看板があるのだが外国人には目にとまらない。

函館13八幡坂 八幡坂 「ロシア極東連邦総合大学函館校」の生徒募集看板が。本校はウラジオストクにある1899創設のロシア国立大学。

函館西高校 函館西高等学校
教会群を見終わり八幡坂の向かいに「函館西高等学校」の看板が。坂道を上がった先が校舎。これは朝遅刻しそうになると大変。確か摩周丸に辻仁成の「函館物語」が置いてあり、もしかすると出身校かと思い調べてみると果たしてそうでした。家に帰りさっそく読んでみました。

函館15旧函館区公開堂 旧函館公会堂
ほかに旧イギリス領事館をみて

函館16れんが倉庫 れんが倉庫を回り岐路につきました。
posted by simadasu.rose at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon