2016年12月29日

コナン・ドイルの事件簿~シャーロック・ホームズ誕生秘史(DVD)

コナン・ドイルの事件簿 VOL.1 [DVD] -
コナン・ドイルの事件簿 VOL.1 [DVD] -
2000~2001にかけてBBC制作のドラマ。町の図書館で1本借りてきたらはまってしまい全5巻を2日間で見てしまいました。

主人公はホームズの作者のコナン・ドイル。ホームズはドイルの医学校時代の恩師ベル教授がモデルである、というのはシャーロキアンならば周知の事実、ということらしいですが、なんとまったくこのドラマを見るまで知りませんでした。4巻を最初に見たのですが、医者のドイルが事件解決のため恩師のベル教授を呼び、それをメモに残している、という場面があったので、教授がホームズでワトソンはドイルなのか、と気づいたのです。

1巻ではひょんなきっかけからベル教授の助手になり、また父の懐中時計からベル教授に父親の病気と来歴を言い当てられ、たくさんの兄弟のいる実家、若き日の医学生ドイルがとても生き生きと描かれています。またベル教授もとても魅力的なおじさんに映ります。時代設定は1800年代後半ですが、セットが当時のイギリスの状況をリアルに表現して、同じBBCドラマのジェレミー・ブレッドの「シャーロック・ホームズの冒険」 を彷彿とさせます。また女子医学生と恋に陥るドイルですが、当時、女子学生が大学で学ぶ苦難も描かれています。

ホームズだと、事件そのものが全面に出て(あたり前ですが)、ナゾを解くホームズと、「どうだね、ワトソン君?」と、ワトソンは謎解きに関してはちょっとばかにされてるような設定となっていますが、このドラマを見ると納得しました。自身のベル教授との関係は師弟関係ですからね。また実際のドイルの恩師のベル教授は現場や死体からのプロファイリングを得意としていたようです。

脚本は、まったくのドラマオリジナルのようですが、ホームズものを掛けているいるものもあります。2巻「惨劇の森」では自転車に乗る女性が見知らぬ者に後をつけられる、という設定で、これはホームズにも同じ設定の「美しき自転車乗り」があります。特に第5巻のダニエル・ボイルは「トレインスポッティング」 の監督と知ってびっくり。5巻は謎が入り組んでいます。ドイルの弟がたまに出てくるのですが、これまたやんちゃでおもしろく、何巻かの最後でベル教授からプレゼントを貰い、それがあのホームズの被っている鹿撃帽なのには思わずニンマリしました。

コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史 -
コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史 -  全5巻BOX版もあり

posted by simadasu.rose at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon