2016年07月06日

高島野十郎展(目黒区立美術館)

高島野十郎展 目黒区立美術館 28.4.30

かなり前、日経新聞で白黒のロウソクの絵を見て、心に残ってた画家。それが今年何か所かで展覧会が開かれ、目黒区立美術館に出かけた。駅から10分位なのに、途中、目黒川を渡ると公園になり美術館が現れた。ロウソク、の他何も情報なしで行ったのだが、展示で来歴が分かりやすく紹介され、絵もほぼ年代順に並べられていた。

明治23年生。芸大ではなく東大農学部を出て、大正5年、卒業と同時に画業に専心。絵は独学とある。実家は久留米で資産家だから暮らしていけたのか。昭和3年、絵画グループ「黒牛会」に入るも3回の展覧会をやって解散。これ以後徒党を組むことはなかったとある。おもしろいのが住居の変遷。昭和5年、ヨーロッパに行き、昭和8年に帰国、住居は久留米。その後昭和11年に上京、青山で戦後まで25年間過ごす。その間、戦前は2年ごとに個展を開催した。昭和39年、東京オリンピックで住居が道路拡張のため立ち退きを求められ、千葉県の柏市増尾に移る。移り住んだ場所は井戸水、ランプだったという。で、また柏市の宅地化に伴い転居せざるをえなくなり、近くの元剣道場を改造して住み、ついに足腰も弱り最後は「野垂れ死」を願っていたが、昭和50年9月、野田市の老人ホームで静かに死を迎えたとある。85歳。

絵は風景、花、川、几帳面な筆である。ロウソクの絵は青山時代から描き始めたとあるが、展示は別室で「ロウソクの間」としてダーっとロウソクばかり10点余並べてあった。壮観。来歴を知ってからのこのロウソクの展示室となる、それまでの1人孤高の画業が一つのちびたロウソクの炎でちらちら燃えているようだ。ひとつひとつ違っていて同じロウソクは無い。

このほか月も何点か連作がある。初めて広く紹介されたのが没後5年たった昭和55年の福岡県文化会館での「近代洋画と福岡」という展覧会らしい。その後昭和61年に福岡県立美術館で「高島野十郎展」が開かれ、昭和63年には久留米と目黒区美術館でも展覧会が開かれたとある。東京は盛況で東京の新聞各紙が取り上げたとある。すると目にしたのはこの時か。ちびたロウソクの炎が燃え続け、30年近くの歳月を経て目にできたことになる。

目黒川 目黒川。目黒はすごい坂の町でした。帰りに入った美術館そばのうなぎ屋がおいしかったです。
現在は足利市立美術館で開催中。 

島野十郎 -
島野十郎 -  展覧会図録。表紙はロウソクではなく月。

野十郎の炎 -
野十郎の炎 -  評伝 2006 多田茂治著


posted by simadasu.rose at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439769714

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon