2016年05月14日

サンローラン(ギャスパー・ウリエル主演)

サンローランの最も輝いていた1967年からの10年間を描いたもの。レヴェナントの次の日に観ました。時代差150年、対極の世界です。こちらは晩年のサンローランにヘルムート・バーガーが出ていると知って観てきました。時の流れと人間関係とファッションと、その制作現場と。一時代を築いたサンローランの内側を知る格好の映画でした。サンローランの服は一度も着たことはないけれど、ファッションと人生にとても興味が湧きました。少し前に別のサンローラン映画も公開されていたようで、こちらはサンローラン財団公認のもの。しかし、どちらも俳優はそっくりです。本物がかっこいいのね。共同経営者のピエール・ベルジェやその他の恋人との描き方の違いなのか。

肝心のヘルムート・バーガーは、「これは4代目だ」とフレンチブルドッグをなでながら出てきましたが、江守徹を思い浮かべてしまう風貌だった。でもファンは貫きますよ。このフレンチブルドックはスパイスでした。薄暗い自室で1人TVでビデオを見てる場面があって、それが「地獄に堕ちた雄者ども」だった。おもわずにんまりしてしまった。

「サンローラン」公式サイト

SAINT LAURENT/サンローラン [DVD] -
SAINT LAURENT/サンローラン [DVD] -  もうDVDが発売されている

イヴ・サンローラン [DVD] -
イヴ・サンローラン [DVD] -  こちらはサンローラン財団公認のもの。

イヴ・サンローランへの手紙 -
イヴ・サンローランへの手紙 -  ピエール・ベルジェ著 2011  サンローランが亡くなってから書かれたもの。

posted by simadasu.rose at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーこの映画が封切りされてることすら知らない情報貧民。
ヘルムート・バーガ・・記憶の隅っこでヒットしたけど、誰だっけ、今調べました。
ビスコンティ・・・Σ( ̄□ ̄;) そりゃ江守にもなるかぁ(笑
時間は残酷ね(苦笑)よくもまあご健在で。
これ見たいわ。久しぶりにそんな意欲が沸いたわ。
Posted by タネ at 2016年05月14日 08:30
土曜日のお昼にやってる情報番組で紹介してました。情報って偶然にキャッチする場合が多いですよね。
年相応の役を見られるのも嬉しいです。記事に加えたけど、かつての自分の映画を自室でみてる場面があって、それもにくい演出だし、それを演じる勇気?も俳優道ですね。

私生活と服を生み出す表の部分の描き方に、とても興味をそそられてしまいました。

でも考えると、あのロゴマークの商品はこの田舎町のデパートにもあるんですよね。ハンカチくらい買ってみなくては、なんて思ってます。
Posted by ろ~ず at 2016年05月15日 06:08
いや~久しぶりに「映画らしい作品」を堪能した気分。
かっこいい男優。ちょっと悪魔がはいってる笑顔だった。
縫製や工房の職人さんたちも白衣を着てるのは時代でしょうか、同じ模様のブルドックを探させる1場面といい、(犬)も立派な助演だった(笑。
彼の手にはいつも酒とタバコ よくぞ71までと思いました。良い作品を教えてくれてありがとうです。
Posted by タネ at 2016年10月16日 13:38
今になって一番印象に残ってるのって、ブチの犬だったりして。あの植え込みの茂みで知り合った恋人の部屋で死んじゃうじゃないですか、あれがかわいそうだったなあ。同じ模様のを4匹ですもんね。

非凡な人の非凡な人生ですよね。非凡な世界を観るってのは映画の醍醐味かもね。それに60年代の上がり調子の時代の空気ってのも感じますね。しかし、一度でいいから服、着てみたいですね。
Posted by ろ~ず at 2016年10月17日 21:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon