2014年12月30日

ロング・グッドバイ(レイモンド・チャンドラー)

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) -
ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) -  村上春樹訳

BSのドラマを見て面白かったので、ドラマ2回目あたりで読んだ。ドラマでは浅野忠信演じる探偵と、綾野剛演じる男、二人の友情を頑なにまっとうせんとする二人の不器用な男はあくまでかっこよく、そして小雪はあくまでミステリアスに、このハードボイルドといわれる世界をどっぷり描いていた。

かたや原作の小説。ドラマとはいささか登場人物の印象はちがう。綾野演じたマーロウも小雪演じる妻のシルヴィアもえっ、そうだったの、とかっこよさは無い。マーロウだけは浅野の演じた探偵とタイプはいささか異なるが、ひとり私立の探偵業で生活の糧を得ている己の信念に基づく生活スタイルを貫く渋い男、であった。

また、英語の文体というのは、こうも物事を描くのに修飾、いや日本語とは発想がちがうんだな、というのを感じる世界が広がっていた。解説で村上春樹が「グレイト・ギャツッビー」との相似として、テリー・レノックスがギャツッビー、マーロウは語り手のニック・キャラウェイだと書いているが、それ以上に、ギャツビーと似た言い回し、文体を感じた。別な言い方をすれば回りくどい。ただ英語の小説がみんなそうかというと、つい最近読んだクリスティはそうでもないから、やはりチャンドラーの世界なのだろう。で、その長々とした文体がこの小説の魅力となり、探偵マーロウと渾然一体の世界を作っている。まあかっこいいセリフをマーロウに話させている。小道具はギムレットですね。p33、586、588

BS「ロング・グッドバイ」

posted by simadasu.rose at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon