2013年05月31日

アフタースクール(BSで)

アフタースクール [DVD] / 大泉洋, 佐々木蔵之介, 堺雅人 (出演); 内田けんじ (監督) 2008.5公開

中学の先生・大泉洋、エリートサラリーマン・堺雅人、同窓生だと名乗る探偵・佐々木蔵之介。
「母校の中学校で働くお人好しな教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵が尋ねてくる。探偵は、神野の幼馴染で、今は一流企業に勤める木村を探しているという。 探偵の強引なペースに巻き込まれて、心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに、神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。」

見始めるとき、また例によって作品の検索をかけると、このような説明が。こういう前情報を得て見始めたので、さあ、エリートサラリーマン木村は、実はとんでもない悪事を企んでる悪者であったのか?とか、実は女が何人もいる男なのか?とか、そう思いながら見ていたのですが、最後は、ガクガクと展開し、ア、そうだったノ、とけっこう軽いオチ。今から6年前の映画。みんな若い。大泉洋も一回り細い感じで少年の面持ち。そこがよかった。退屈はしない作りでした。冒頭、臨月のおなかをかかえた常盤貴子の回りでの山本圭がいい。

大泉洋の「探偵はBARにいる」を見たばかりだったので、彼の不思議な魅力を再認識。決して美男ではなのに不思議な存在感がある。


「探偵はBARにいる」
探偵はBARにいる 通常版 [DVD] / 大泉 洋, 松田龍平, 小雪, 西田敏行 (出演); 橋本 一 (監督) 2011.9公開

こちらも偶然tvで見た。見始めてすぐに電話の主は想像がついたし、最後の結婚式での場面も、そういう撃ち方はできるか?など、粗さもあるが、松田龍平とのコンビは飽きさせない。



posted by simadasu.rose at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洋画専門の友人(どちらかというと邦画を軽視)が、いやあ、邦画もおもしろかった〜って言ってました(ふん,まだいる西高東低の奴)。


そうなのよ、大泉って今現在も全然好きじゃないけど、この大泉はすごくいい、「探偵・・」はつまらなかった(話が極浅)続編もレンタルかTVでいいやっ。
Posted by タネ at 2013年06月09日 13:26
大泉さんを初めて認識したのは、大河の竜馬かな。確か途中で切腹する役だった。竜馬は2010だったようだから、アフタースクールは2年前なんだわねえ。たった2年で初々しさが漂うなあ。実は昔同僚に似た面持ちの奴がいたんです。

探偵が極浅・・確かに。でもTVだと見られちゃいますね。


西高東低 ・・映画と音楽はまだまだこの気圧配置から抜け出せませんねえ。久々に劇場で見たい映画が表れて、昨日文庫本でギャッビーを買ってきました。

Posted by ろ〜ず at 2013年06月11日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364831575

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon