2009年04月29日

夏の災厄(篠田節子著)

メキシコからの直行便では安心したことに感染者はいなかったようです。備えあれば憂い無し、なのでしょうが、こと何も起きてない時にはノアの箱舟のように、何やっとるんかねー という目で見られてしまうわけですが、起きてしまった、ということなのでしょうか。

大正時代のスペイン風邪は父の子供の頃はやったようで、なんと妹がかかって一命をとりとめたと何かのおりにきいたことがあります。

そんななかで、いくつかの病原体感染パニック小説&映画を紹介しましょう。

まずは篠田節子の「夏の災厄」1995.3初版

夏の災厄 (文春文庫)
夏の災厄 (文春文庫)
(中身検索で最初の6pが読めます)

これはとある地方の小都市で起こった、いわば”ひと夏の経験”です。体がだるい、熱があるといって訪れる市の救急外来。日を追うごとに患者は増大し市は一大パニックに陥る。病名は「日本脳炎」とされますが・・・ ここでは幸運にもひとつの市域だけで世界には広まりませんでしたが、異常時の行政の対応、鍵をにぎる、とある動物と身近な設定が逆に身に迫ってきます。流行はいずれ収まるもの、発端、拡散、収束、の経緯が曲線グラフのようです。

アウトブレイク [DVD]
アウトブレイク [DVD] 1995アメリカ

次ぎは映画「アウトブレイク」 なんと作られたのが「夏の災厄」とおなじ1995年です。
 これは恐るべき致死率の伝染病がカリフォルニア州のとある街で発生し、やはり拡散ののち収束という結末になるのですが、これにアフリカのさる村、密輸された「猿」、軍事機密、という要素が加わり息もつかせぬつくりです。病原を介する猿が郊外の家で女の子と接近するところなどは特にはらはらします。

ホット・ゾーン―恐怖!致死性ウイルスを追え! (小学館文庫)
ホット・ゾーン―恐怖!致死性ウイルスを追え! (小学館文庫) 初版は1994.12 飛鳥新社

映画「アウトブレイク」の原型ともなったともいえるのが本書です。「夏の災厄」「ホットゾーン」ともフィクションですが、これはノンフィクション。体中の穴から出血するエボラ出血熱。アフリカで発現されたそれは何度かの流行をみましたが、それがワシントン近郊の町レストンのモンキーハウスに出現し、その制圧作戦を描いたもの。

復活の日 (ハルキ文庫)
復活の日 (ハルキ文庫) 小松左京著  初版は1964.8 早川書房

ウイルスの蔓延でこちらは南極の各国越冬隊と潜水艦を除き人類が滅亡する、というもの。しかし「復活の日」とあるように復活めざし越冬隊員(映画では草刈正雄)が南極から南米〜アメリカまで徒歩で向かうのですね。発表当時は冷戦の最中。最悪の結果もその冷戦がもたらしたものでありました。30年以上も前に読んだものですが、発端となるアルプス山中での出来事、とか南極ではわずかにいる女性隊員が全ての隊員の「母」であり「妻」になった、というくだり、やはり小松サンは男なのだなあ、と思ったり。

それにしてもスケールの大きい小説です。

復活の日 [DVD]
復活の日 [DVD] 映画は1980年6月公開


アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208))
アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208)) マイクル・クライトン作 1969初版  

ニューメキシコのとある小村に落下した衛星を回収に行くと、酒飲みの老人と泣き続けの赤ん坊以外の住民が全員死亡していた・・

アンドロメダ・・・ [DVD]
アンドロメダ・・・ (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 [DVD] 映画化は1971
 

この「アンドロメダ病原体」と「復活の日」「アウトブレイク」と全て細菌兵器としての側面を持っています。病気も兵器たりうる、という点、けんかをやめられない人間って・・ と小さな生き物にせせら哂われているようです。 


posted by simadasu.rose at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・篠田節子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの飛行機の検査、潜伏してるかどうかまでどうしてわかるんでしょうね。
しかも一日に2便 名古屋にも直行便がきてるそうで、そんなに人が行き来してることに驚きました。

映画「アウトブレイク」しか知らないのですが、
私、最近、風の強い日に必ず、頭痛が起きるんです
(-_-;) 怖いです。

発祥した養豚所はアメリカ資本の養豚所で、抗生物質だか、化学薬品が大量に与えられてたとか、
真偽不明の噂が流れてますが、進化は化学や文明だけじゃないってのが当たり前かもしれないけど、驚きますね。
Posted by タネ at 2009年04月29日 21:35
5月になってまたまた展開してますね、ウイルスが。小さいのにまったくすごいやつです。

>名古屋にも直行便
 知らなかったわー 名古屋ってすごい。

風の強い日に頭痛・・ うーんなんでしょうね。休め〜 という信号なんでしょうか。明日から連休だけど何の予定もナシ。とりあえず庭の草むしりです。

今日、ハムは買ったのですが、生肉はやっぱり躊躇してしまいました。かえっていけないかな。噂とか思い込みが予想外の展開を生みますよね。
Posted by ろ〜ず at 2009年05月01日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118285869

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon