2008年08月14日

転生(篠田節子著)

転生 (講談社ノベルス シG- 2)
転生 (講談社ノベルス シG- 2) 2007.10

これはほぼ出た時に読んでます。
「死都」と一変、痛快奇想小説です。

生き仏となって僧院に鎮座していた「ラマ」とよばれるチベット仏教の僧がなんと生き返り、悪をやっつけようと試み、暴れまくるというもの。「斎藤家の核弾頭」にも通じるバキーンとした爽快さがあります。なんかハチャメチャな設定と展開。なんたってヒマラヤをぶっとばしインドから気流を呼び込もう、という国家機密まであります。

しかし中国共産党とチベットの関係への批判や、NHKのシルクロード取材のパロディなんかもおりまぜ、うふふと小笑いしてしまいます。
posted by simadasu.rose at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・篠田節子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104741826

この記事へのトラックバック
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon