2017年06月17日

函館に行ってきました2摩周丸・教会

函館9摩周丸外観 2日目はまず青函連絡船の摩周丸を見学。デッキは海上高く雨上がりのせいかすべりそう。湾内に大型客船が寄港して外国人がたくさんいたがこのデッキ見て船旅は向かないかもと思う。

函館7摩周丸制服 乗務員制服

函館8摩周丸船室 運転室。かつて乗船していたであろう方が制服で控えていた。青函連絡船というとやはり遭難事故。洞爺丸1隻かと思っていたがほかに4隻も同時に沈没していた。しかも湾内に錨を下ろし避泊していての沈没だったのだ。水上勉の飢餓海峡の印象が強い。当時の新聞や天気図など詳細な資料があった。

また路面電車に乗り教会群を見学
函館11函館聖ヨハネ教会 屋根が印象的な聖ヨハネ教会

函館12函館ハリストス正教会 函館ハリストス正教会。 神田のニコライ堂のあのニコライ神父がここ函館を拠点として日本正教会を創設した。ここには日本人女性・山下りんの手によるイコン画が掲げてあった。

山下りん―明治を生きたイコン画家 (ミュージアム新書) -
山下りん―明治を生きたイコン画家 (ミュージアム新書) -  北海道立近代美術館刊
TV「美の巨人たち」にも取り上げられた。

また、レストラン五島軒の初代料理長、五島英吉は五島列島五島藩の武士だったが戊辰戦争で敗れ、ここハリストス正教会に匿われ、10年間ロシア料理を学んだ。教会を見終わり歩いていたら偶然五島軒本店の前を通りちょうどお昼でカレーを食べた。 →五島軒HP

函館10カトリック元町教会 カトリック元町教会 
3つの教会どれも絵入りの土足厳禁の看板があるのだが外国人には目にとまらない。

函館13八幡坂 八幡坂 「ロシア極東連邦総合大学函館校」の生徒募集看板が。本校はウラジオストクにある1899創設のロシア国立大学。

函館西高校 函館西高等学校
教会群を見終わり八幡坂の向かいに「函館西高等学校」の看板が。坂道を上がった先が校舎。これは朝遅刻しそうになると大変。確か摩周丸に辻仁成の「函館物語」が置いてあり、もしかすると出身校かと思い調べてみると果たしてそうでした。家に帰りさっそく読んでみました。

函館15旧函館区公開堂 旧函館公会堂
ほかに旧イギリス領事館をみて

函館16れんが倉庫 れんが倉庫を回り岐路につきました。
ラベル:北海道
posted by simadasu.rose at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | 更新情報をチェックする

函館に行ってきました1函館山・五稜郭

北海道新幹線に乗ってみたい、ということで4月25,26日と函館に行ってきました。一泊ではありましたが、函館山ロープウェイ、五稜郭、青函連絡船摩周丸、元町教会群、倉庫群、と密度の濃い2日間でした。
新幹線は八戸までは乗ったことがあったのですが、トンネルを出ると、おおこれが北海道かとまだ寒々とした北の大地をこの目で確認しました。
函館1市電 朝1の新幹線で新函館北斗で、はこだてライナーに乗り換え函館駅着が11時半頃、駅脇のどんぶり横丁で海鮮丼を食べ市電に乗って函館山へ

函館2戦前の建物 十字街で降り函館市地域交流まちづくりセンター脇の南部坂を上りロープウェー乗り場へ。古そうな建物ですが大正12年築の丸井今井呉服店でした。昭和9年の大火で焼失し再建され、昭和44年に五稜郭に移るまで百貨店として使用。その後函館市役所分庁舎分として平成14年まで使用。
旧丸井今井呉服店建物説明

函館3元町 教会とお寺が仲良く共存してる。

函館4函館山から ロープウェーで展望台から見下ろすと、函館市街がよく見えました。が、みるみるうちに曇って行き、なんとこの後20分位後に五稜郭に行く時には雨になりました。天気予報通りではあったのですが、夜、夜景を見に来ると坂の途中でなんとか街の明かりは見えましたが上の展望ハウスは霧と強風。わずか334mの山なのに山の天気の激しさを実感しました。

函館5函館港 港や船をみると心躍ります。

函館6五稜郭 また市電に乗り五稜郭へ。桜には一週間早かった。復元した函館奉行所も見学し湯田川温泉の宿へ。
函館奉行所HP
ラベル:北海道 函館
posted by simadasu.rose at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon