2017年06月10日

ベルギー奇想の系譜展(宇都宮美術館)

ベルギー奇想の系譜展〜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで
IMG_1465[1].JPG

4月2日に行ってきました。ベルギー、フランドル地方で写実の伝統の上に発展した幻想的な絵画を紹介。
15,6世紀のフランドル絵画から現代アートまで約120点の展示があり、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をお楽しみ下さい、とありました。このポスターにもなっているのがやはり目玉かな。ボス工房作となっていますが、細々した登場人物をいくつか切り取って動くようにしてありました。見過ごしてしまいがちな細部もよく分かりこの仕掛けはとてもよかったです。

展示は時代順なっていて現代のところはポール・デルボーとともにマグリットの「大家族」が。マグリットってベルギー人だったのですよね。ああ、20年前年に買ってよかったじゃないですか。宇都宮美術館開館の際、高価な買い物として批判もされたこの「大家族」。それが開館20周年記念展につながったのですね。

IMG_1469[1].JPG

宇都宮美術館(2017.3.19〜5.7) ベルギー奇想の系譜展公式サイト
兵庫県立美術館(2017.5.20〜7.9)
Bunkamuraザ・ミュージアム(2017.7.15〜9.24)

IMG_1470[1].JPG ベルギーワッフルと大家族皿を購入
posted by simadasu.rose at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon