2017年05月30日

小林カツ代伝(中原一歩著)

私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 -
私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 -  2017.1

副題の通り、「ステーキ丼」や簡単ホワイトソースの作り方など、私の中で今もレシピが生きている小林カツ代さん。亡くなって早3年半近く。カツ代氏が笑顔でこちらを向く表紙を見て、ああ、伝記が書かれたのかと感慨深かったが、著者は男性。はて日常的に家庭料理を作ってなさそうな人が書いたカツ代氏の伝記で果たしてカツ代氏の業績が伝わるのかな?と思ったが、カツ代さんとは亡くなるまで15年あまり親交があり、ほぼ毎日のようにメールのやりとりがあり、それが決まって午前零時過ぎで、くも膜下出血で倒れる前日のメールは「焼きそばに生卵をつけて食べるとこれ絶品」だったそうだ。

料理の鉄人出演時の舞台裏が冒頭にあり、「主婦」と紹介される台本をめぐって、それを削った時のカツ代氏のホットな言動が紹介される。一体にカツ代氏は瞬間湯沸かし器と言われ、腑に落ちない場合は耳を真っ赤にして徹底抗戦したというが、相手の言い分もきちんときいており、納得すれば落とし所を見つけケロリと仲直りしたという。「主婦の延長線上の小林ではなく、料理研究家・小林」であるというのが氏の矜持であった。ここで主婦論争を出すとややこしくなるが、TV番組での料理紹介、料理本の出版と、その裏には並々ならぬ研究と探索と思考があり、そしてなにより”思想”があったとこの本を読んで思った。

この鉄人の章のあとに、「小林カツ代の家庭料理とは何か」の章があり、”家庭料理の場合、作り手も食べ手である”のがレストランのプロとの違い、また小林氏の家庭料理の三つの約束事、「おいしくて、早くて、安い」「特別な材料は使わない」「食卓にはユーモアがないといけない」が紹介されている。

この二つの章のあとに、大阪で商家の三女としての生い立ち、疎開、結婚生活、そして料理研究家として世に出るいきさつ、そして料理研究家としての活躍の数々が書かれている。

結婚して初めて作った味噌汁のあまりのまずさに大阪の母親に電話で作り方を教わった話、大阪のTVのお昼のワイドショーに「芸能人の話題ばかりでなく楽しく料理を作るコーナーでも作ったらどうか」という葉書を出し、それならあなたが作って下さい、というディレクターに応え「庶民のシューマイ」と名づけたものを作った話、夫の東京への転勤に伴いデザイン学校に通うが学校が閉鎖してしまいその顛末を書いた「ミセス漫画学校へ行く」を出版しそれがNHKの銀河ドラマ「てんてこまい」に樫山文江主演でドラマ化された話、などの初期のエピソード。

続いて料理家としての自宅キッチンでの撮影やTV出演、また二人の子供たち、また夫との関係なども取材に基づき書かれている。ミスターと呼ばれる夫は、大阪での最初のTV出演はもちろん、カツ代氏の活動には常に後押しをしていたという。が最後には離婚に至ってしまった。そこら辺の二人の真意はわからないが著者は出版直前にミスターと会うことができ「カツ代ほど変化した女性はいなかった。次は何をしでかしてくれるのか、不安がなかったら嘘になりますが、その彼女の挑戦を応援することは私の喜びでもありました。」と言っている。

読み終えると昭和から平成を全速力で駆け抜けたバイタリティあふれる1個の人間の生きざまが伝わってきた。

関連本「小林カツ代と栗原はるみ」 拙ブログ2016.7.9
「小林カツ代さん」
 拙ブログ2014.1.28



posted by simadasu.rose at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・歴史地理伝記 | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

谷中散策

かねてから行ってみたかった谷根千界隈。2月、谷中墓地と谷中銀座に行ってきました。
徳川慶喜墓IMG_4357.jpg 徳川慶喜墓。

日暮里駅で降りてまっすぐ谷中銀座に行こうと思ったのですが、ふと見ると谷中墓地の看板。道から階段を上がっていくようになっていて見晴らしがいいかも、なんて思って行ってみると、どーんとでかい墓地が広がっていたのでした。川上音二郎など教科書にも載る有名人から、明治期の功なり名とげた偉い軍人や学者の墓が、功績を称える畳1枚は優にあろう石碑とともに、○○君之墓と個人名の墓がいくつもあり、また家単位の墓も代々丁寧に守られており、東京は家意識は薄いのかと思っていたら、かえってその墓の守り様からは並々ならぬ「家」を意識させられました。

谷中墓地図IMG_4361.jpg 谷中墓地図

さて、谷中銀座。
谷中1IMG_4367.jpg 昔ながらのせんべい。この丸いガラスの入れ物、昔家の近所のお菓子やにこういうのがありましたが、無くなってしまいました。

谷中2IMG_4384.jpg ご当地ソング死ぬまでだまして/夕焼けだんだん - 紀藤ヒロシ

谷中3IMG_4390.jpg 「和栗や」でモンブラン。これがとてもおいしい。茨城県笠間市の栗を使用。

「谷中ぎんざ」谷中銀座商店街振興組合HP

水月ホテルIMG_4404.jpg お昼は上野に行き「水月ホテル」で昼食。

水月ホテル昼IMG_4407.jpg 舞姫弁当を注文

森鴎外旧居1IMG_4408.jpg 森鴎外居宅。ちょうど使用中で中は見られませんでした。

森鴎外旧居2IMG_4409.jpg 

父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) -
父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) -  娘・森茉莉の「父の帽子」この家が舞台でいいのかな。

森鴎外と水月ホテル鴎外荘HP
posted by simadasu.rose at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | 更新情報をチェックする

浜離宮&マリーアントワネット展

1月末に浜離宮とマリーアントワネット展に行ってきました。
浜離宮1 ビルと高速道路と工事中の看板をぬってやっとたどり着いた。背面には高層ビル群が。
浜離宮2 中島の御茶屋。ここで抹茶を頂きました。

浜離宮3鴨場 鴨猟

浜離宮4鴨場 この小屋に入り、オトリのアヒルにつられ鴨が来るのを見はる。

浜離宮鴨場図
 鴨猟の手順。おもしろいことを考えるものだと妙に感心してしまいました。

浜離宮5 お昼はカレッタ汐留46階「響」で。離宮が見渡せる。

浜離宮6築地市場 左に目をやると、かの築地市場が。

浜離宮のHP



マリーアントワネット展

浜離宮のあとは「マリー・アントワネット展」をみました。アントワネットの部屋が再現されていて、これをみたかった! ルブランの書いた肖像画を中心に彼女の生涯が分かるように展示されとても濃い内容でした。マリー・アントワネットというとベルバラを思い浮かべる人も多いと思いますが、私は小学生の時に読んだツバイク原作を大庭さちこ氏が子ども用に翻訳した「悲しみの王妃」というのが印象深い。でも「革命」の意味がよくわからなかった。牢屋に入って髪が白くなった挿絵が印象に残っている。

マリー・アントワネット 上 (角川文庫) -
マリー・アントワネット 上 (角川文庫) -  
なんときちんとしたツバイクの「マリー・アントワネット 上・下」が2007年に中野京子氏の訳で出ていた!しかも文庫だ。

マリー・アントワネット展 森アーツセンターギャラリー 2016.10.25-2017.2.26







posted by simadasu.rose at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

弘兼流60歳からの手ぶら人生(弘兼憲史)

弘兼流 60歳からの手ぶら人生 -
弘兼流 60歳からの手ぶら人生 -

朝新聞に載った広告を見てさっそく読んでみた。なにしろ先ごろ退職し家の中の衣類や本など正に整理中なのだ。
広告では「持ち物を捨てる」「友人を減らす」「お金に振り回されない」「家族から自立する」奥さんと一緒に旅行という幻想も捨てる、などどれも興味をそそる内容。

69歳の氏が60歳あたりの読者に向けて、氏が60歳あたりから感じ、そして実践した「手ぶら人生」について、「弘兼流」の考えを綴ったもの。

手ぶら人生については正にこれからやりたいところ。ただ内容はまさにヒロカネ流であって、ヒロカネさんはこうか、ということをお伺いいたしました、といったところ。この本も読み終わったら、手ぶらになるための運命になるかも・・
posted by simadasu.rose at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・その他ジャンル | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon