2016年11月14日

ファミリア創業者・坂野惇子(中野明)

ファミリア創業者 坂野惇子 - 「皇室御用達」をつくった主婦のソーレツ人生 -
ファミリア創業者 坂野惇子 - 「皇室御用達」をつくった主婦のソーレツ人生 -  2016.9

今期の朝ドラ、第1週の終りに見るとなにやら主人公は戦前のお屋敷のお嬢様だ。これじゃあ庶民感覚とずれて感情移入できないなあ、と思ったがなんと父親の会社はレナウンの大元になった会社と知って俄然興味が湧いて、さっそく関連本を読んでみた。残念ながらファミリアは名前は聞いたことがあるような気がするものの、子どもにはスーパーの安物しか着せなかった。3年前に孫のために買った産着は縫い目が外にあったからあるいはそれがファミリアだったか。

本は惇子を中心にファミリアの軌跡を要領よくまとめてある。これを読むとファミリアの成功は、本人たちの丁寧な商品作りとあいまって、いくつかの幸運が重なってできたものだというのが分かる。

まず、中心となる女性四人はいずれも裕福な生まれで、女学校時代に学校とは別に洋裁や絵画などを学んでいて腕に覚えがあった。中には既に洋裁を請け負っている者もいた。次に惇子は高級な生地を軽井沢の別荘に疎開させており、戦後の物資の無い時代にそれを活用できた。

そして人脈。ドラマにも出てくるが、父と父の会社の者と、お抱え靴屋と、それぞれの夫である。
まず第一には戦後になり「これからはお嬢様ではいけない、自分の力で仕事をし、一労働者になりなはれ」と助言した父の会社の尾上清の助言だ。そして父も、夫も妻や娘が働くことに賛成している。また他の3人の夫も賛成し、経理面などで最初から手伝っているのである。

最後には、軌道に乗せるまで、また乗った後の惇子たちの商品へのこだわりがファミリアを作ったといえる。

この夫たちの理解と、腕に覚えある四人の主婦、という点が重要だと思うのにまったくドラマでは描かれてないのでドラマを見る気が失せてしまった。なにより夫は店を始める前に帰還していて、夫が「いいじゃないか」と言っているのである。

坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫) -
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫) -  こちらは歴史読本編集部編。上の本とほとんど内容が同じで言い回しまで同じところがあるが、コンパクトにまとまっている。


posted by simadasu.rose at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon