2015年11月23日

君の膵臓をたべたい(住野よる)

君の膵臓をたべたい -
君の膵臓をたべたい -  2015.6

なにやら物騒な題名が店を入ったところに並べられていた。最初のページを読んでみるとクラスメイトの死から始まって、その男子高校生の独白の文体がとても興味をそそる。最初のページで、その男の子は、細身で、本好きで、クラスでもあまり人としゃべらず、机にじっと座って、帰宅部でと、とても好感をいだいてしまった。仕事が忙しくてこんな本読んでる場合じゃない、と思い2,3週間我慢していたが、この連休ならと買って読んでしまった。

オビには「涙」の文字、えい、その手に乗るものか、と思ったのだが最後に意に反して涙がでてきてしまった。もうじき還暦を迎えるというのに、読んでる最中は気分は高校生になっている。でもって後半はYOUTUBEで60年代から70年代のポップスを流しながら読んでしまった。

出てくるのは、余命いくばくもない女子高生桜良と、その秘密を知ってる僕とクラスメイトたち。なんというのだろう、僕の表現の「秘密を知ってるクラスメイトくん」とか「地味なクラスメイト」とか「仲良し」とかの主人公たちの現わし方がとても効果的だ。この僕と僕から見た桜良の心理描写だけで成り立っているようなものなのだが、僕の心理がなんともういういしい。

作者のプロフィールはよく分からないのだが、web上の作品が活字化されたもののようだ。
posted by simadasu.rose at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon