2017年05月21日

谷中散策

かねてから行ってみたかった谷根千界隈。2月、谷中墓地と谷中銀座に行ってきました。
徳川慶喜墓IMG_4357.jpg 徳川慶喜墓。

日暮里駅で降りてまっすぐ谷中銀座に行こうと思ったのですが、ふと見ると谷中墓地の看板。道から階段を上がっていくようになっていて見晴らしがいいかも、なんて思って行ってみると、どーんとでかい墓地が広がっていたのでした。川上音二郎など教科書にも載る有名人から、明治期の功なり名とげた偉い軍人や学者の墓が、功績を称える畳1枚は優にあろう石碑とともに、○○君之墓と個人名の墓がいくつもあり、また家単位の墓も代々丁寧に守られており、東京は家意識は薄いのかと思っていたら、かえってその墓の守り様からは並々ならぬ「家」を意識させられました。

谷中墓地図IMG_4361.jpg 谷中墓地図

さて、谷中銀座。
谷中1IMG_4367.jpg 昔ながらのせんべい。この丸いガラスの入れ物、昔家の近所のお菓子やにこういうのがありましたが、無くなってしまいました。

谷中2IMG_4384.jpg ご当地ソング死ぬまでだまして/夕焼けだんだん - 紀藤ヒロシ

谷中3IMG_4390.jpg 「和栗や」でモンブラン。これがとてもおいしい。茨城県笠間市の栗を使用。

「谷中ぎんざ」谷中銀座商店街振興組合HP

水月ホテルIMG_4404.jpg お昼は上野に行き「水月ホテル」で昼食。

水月ホテル昼IMG_4407.jpg 舞姫弁当を注文

森鴎外旧居1IMG_4408.jpg 森鴎外居宅。ちょうど使用中で中は見られませんでした。

森鴎外旧居2IMG_4409.jpg 

父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) -
父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) -  娘・森茉莉の「父の帽子」この家が舞台でいいのかな。

森鴎外と水月ホテル鴎外荘HP
posted by simadasu.rose at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜離宮&マリーアントワネット展

1月末に浜離宮とマリーアントワネット展に行ってきました。
浜離宮1 ビルと高速道路と工事中の看板をぬってやっとたどり着いた。背面には高層ビル群が。
浜離宮2 中島の御茶屋。ここで抹茶を頂きました。

浜離宮3鴨場 鴨猟

浜離宮4鴨場 この小屋に入り、オトリのアヒルにつられ鴨が来るのを見はる。

浜離宮鴨場図
 鴨猟の手順。おもしろいことを考えるものだと妙に感心してしまいました。

浜離宮5 お昼はカレッタ汐留46階「響」で。離宮が見渡せる。

浜離宮6築地市場 左に目をやると、かの築地市場が。

浜離宮のHP



マリーアントワネット展

浜離宮のあとは「マリー・アントワネット展」をみました。アントワネットの部屋が再現されていて、これをみたかった! ルブランの書いた肖像画を中心に彼女の生涯が分かるように展示されとても濃い内容でした。マリー・アントワネットというとベルバラを思い浮かべる人も多いと思いますが、私は小学生の時に読んだツバイク原作を大庭さちこ氏が子ども用に翻訳した「悲しみの王妃」というのが印象深い。でも「革命」の意味がよくわからなかった。牢屋に入って髪が白くなった挿絵が印象に残っている。

マリー・アントワネット 上 (角川文庫) -
マリー・アントワネット 上 (角川文庫) -  
なんときちんとしたツバイクの「マリー・アントワネット 上・下」が2007年に中野京子氏の訳で出ていた!しかも文庫だ。

マリー・アントワネット展 森アーツセンターギャラリー 2016.10.25-2017.2.26







posted by simadasu.rose at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・県外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

弘兼流60歳からの手ぶら人生(弘兼憲史)

弘兼流 60歳からの手ぶら人生 -
弘兼流 60歳からの手ぶら人生 -

朝新聞に載った広告を見てさっそく読んでみた。なにしろ先ごろ退職し家の中の衣類や本など正に整理中なのだ。
広告では「持ち物を捨てる」「友人を減らす」「お金に振り回されない」「家族から自立する」奥さんと一緒に旅行という幻想も捨てる、などどれも興味をそそる内容。

69歳の氏が60歳あたりの読者に向けて、氏が60歳あたりから感じ、そして実践した「手ぶら人生」について、「弘兼流」の考えを綴ったもの。

手ぶら人生については正にこれからやりたいところ。ただ内容はまさにヒロカネ流であって、ヒロカネさんはこうか、ということをお伺いいたしました、といったところ。この本も読み終わったら、手ぶらになるための運命になるかも・・
posted by simadasu.rose at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・その他ジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

T2トレインスポッティング2

前作から20年後の設定で出演者も監督も同じ。前作はお店でイチ押し展示されてたCDを視聴し1曲目の「ラスト・フォー・ライフ」に圧倒されて映画も見に行ったのだった。ラスト・フォー・ライフは確か冒頭で出てきたような気がするが、もう記憶があいまいだ。ただ当時、もう若者でなかったので、主人公がかなり年若いガールフレンドを家に連れ帰った時の親の方の気持ちになったことを覚えている。そして舞台はエジンバラ、亡き友を偲んで訪れた所はハイランド、というのが今回分かった。前作はそれも分からずみてたような気がする。というのもウイスキーに興味を持った2年前以来、ハイランド、ローランドなるスコットランドの地理が少し分かりそこら辺も興味深かった。また前作では気付かなかったが、英語も方言があるのか今回教科書英語とはまるで違って聞こえた。

主人公たちは46歳の設定である。あのどうしようもないけど突き進む青春の息吹がびんびんと満ちていた20代から20年。容姿と周りの状況は否応なく変化したけど、どうしようもない中身は変わってない。しかしまだ46歳だよ、これからまだ20年あるぜ、ひと花咲かせられるぜ、と還暦を迎えた身では思ってしまった。

T2映画HP

T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック - ARRAY(0xf258430)
T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック - T2サントラCDが既に出ている。T2では「ラスト・フォー・ライフ」はプロディジー。

トレインスポッティング - ARRAY(0x11998ae8)
トレインスポッティング -  1作目CD。イギー・ポップの「ラスト・フォー・ライフ」はやはり圧巻。

トレインスポッティング [DVD] -
トレインスポッティング [DVD] -  


T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV) -
T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV) -  原作は9年後の30台半ばであるようだ。

トレインスポッティング〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV) -
トレインスポッティング〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV) -  1作目原作。
posted by simadasu.rose at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

コナン・ドイルの事件簿〜シャーロック・ホームズ誕生秘史(DVD)

コナン・ドイルの事件簿 VOL.1 [DVD] -
コナン・ドイルの事件簿 VOL.1 [DVD] -
2000〜2001にかけてBBC制作のドラマ。町の図書館で1本借りてきたらはまってしまい全5巻を2日間で見てしまいました。

主人公はホームズの作者のコナン・ドイル。ホームズはドイルの医学校時代の恩師ベル教授がモデルである、というのはシャーロキアンならば周知の事実、ということらしいですが、なんとまったくこのドラマを見るまで知りませんでした。4巻を最初に見たのですが、医者のドイルが事件解決のため恩師のベル教授を呼び、それをメモに残している、という場面があったので、教授がホームズでワトソンはドイルなのか、と気づいたのです。

1巻ではひょんなきっかけからベル教授の助手になり、また父の懐中時計からベル教授に父親の病気と来歴を言い当てられ、たくさんの兄弟のいる実家、若き日の医学生ドイルがとても生き生きと描かれています。またベル教授もとても魅力的なおじさんに映ります。時代設定は1800年代後半ですが、セットが当時のイギリスの状況をリアルに表現して、同じBBCドラマのジェレミー・ブレッドの「シャーロック・ホームズの冒険」 を彷彿とさせます。また女子医学生と恋に陥るドイルですが、当時、女子学生が大学で学ぶ苦難も描かれています。

ホームズだと、事件そのものが全面に出て(あたり前ですが)、ナゾを解くホームズと、「どうだね、ワトソン君?」と、ワトソンは謎解きに関してはちょっとばかにされてるような設定となっていますが、このドラマを見ると納得しました。自身のベル教授との関係は師弟関係ですからね。また実際のドイルの恩師のベル教授は現場や死体からのプロファイリングを得意としていたようです。

脚本は、まったくのドラマオリジナルのようですが、ホームズものを掛けているいるものもあります。2巻「惨劇の森」では自転車に乗る女性が見知らぬ者に後をつけられる、という設定で、これはホームズにも同じ設定の「美しき自転車乗り」があります。特に第5巻のダニエル・ボイルは「トレインスポッティング」 の監督と知ってびっくり。5巻は謎が入り組んでいます。ドイルの弟がたまに出てくるのですが、これまたやんちゃでおもしろく、何巻かの最後でベル教授からプレゼントを貰い、それがあのホームズの被っている鹿撃帽なのには思わずニンマリしました。

コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史 -
コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史 -  全5巻BOX版もあり

posted by simadasu.rose at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

ファミリア創業者・坂野惇子(中野明)

ファミリア創業者 坂野惇子 - 「皇室御用達」をつくった主婦のソーレツ人生 -
ファミリア創業者 坂野惇子 - 「皇室御用達」をつくった主婦のソーレツ人生 -  2016.9

今期の朝ドラ、第1週の終りに見るとなにやら主人公は戦前のお屋敷のお嬢様だ。これじゃあ庶民感覚とずれて感情移入できないなあ、と思ったがなんと父親の会社はレナウンの大元になった会社と知って俄然興味が湧いて、さっそく関連本を読んでみた。残念ながらファミリアは名前は聞いたことがあるような気がするものの、子どもにはスーパーの安物しか着せなかった。3年前に孫のために買った産着は縫い目が外にあったからあるいはそれがファミリアだったか。

本は惇子を中心にファミリアの軌跡を要領よくまとめてある。これを読むとファミリアの成功は、本人たちの丁寧な商品作りとあいまって、いくつかの幸運が重なってできたものだというのが分かる。

まず、中心となる女性四人はいずれも裕福な生まれで、女学校時代に学校とは別に洋裁や絵画などを学んでいて腕に覚えがあった。中には既に洋裁を請け負っている者もいた。次に惇子は高級な生地を軽井沢の別荘に疎開させており、戦後の物資の無い時代にそれを活用できた。

そして人脈。ドラマにも出てくるが、父と父の会社の者と、お抱え靴屋と、それぞれの夫である。
まず第一には戦後になり「これからはお嬢様ではいけない、自分の力で仕事をし、一労働者になりなはれ」と助言した父の会社の尾上清の助言だ。そして父も、夫も妻や娘が働くことに賛成している。また他の3人の夫も賛成し、経理面などで最初から手伝っているのである。

最後には、軌道に乗せるまで、また乗った後の惇子たちの商品へのこだわりがファミリアを作ったといえる。

この夫たちの理解と、腕に覚えある四人の主婦、という点が重要だと思うのにまったくドラマでは描かれてないのでドラマを見る気が失せてしまった。なにより夫は店を始める前に帰還していて、夫が「いいじゃないか」と言っているのである。

坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫) -
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫) -  こちらは歴史読本編集部編。上の本とほとんど内容が同じで言い回しまで同じところがあるが、コンパクトにまとまっている。


posted by simadasu.rose at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・エッセイ、小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

さらば愛しき人よ(BS)

映画チラシ「さらば愛しき人よ 」シャーロット・ランプリング -
yti380洋画映画チラシ「さらば愛しき人よ 」シャーロット・ランプリング -

録画してあとからで見ようと思っていたのが、居眠りから目覚めたら開始後5分くらいだった。映画に何の知識もなく、題名とロバート・ミッチャムという俳優で見ようと思ったのだが、見始めたらぐいぐい引き込まれた。あれ、マーロウ? 私立探偵? おっとこれはあの「ロング・グッドバイ」の探偵か、と思い、映画もマーロウの語りで進められる。英語が分かれば、この語りも名フレーズがちりばめられているのだろうなあと思いながらみる。この手法は合っていたのではないか。「ロング・グッドバイ」の映像というと同じNHKのドラマの浅野忠信の世界をだぶらせながら見てしまった。異和感はない。

依頼が、ム所に入る前につきあっていた女を探してくれ、である。題名と依頼人のあの風貌から、どんな女性なのか?と 引き込むツボがある。まあ題名の「さらば愛しき人」は原題の「FAREWELL, MY LOVELY」そのままのうまい訳で、この題名が最後のオチとなるのだった。なにせ情報が無いので時代は見ながら推測するが、ディマジオが打った、とこれも時間の進みにキーとなるものなのだが、あれ、ディマジオってマリリン・モンローと結婚した人だったかな?とすると50年代? でもロシアが進行、とあるので40年代の今まさにあの戦争が始まろうとしている? あとで調べたら原作はシリーズ2作目で時代は1940年LAということだ。

時代設定のせいか黒人の命が軽い。しかしそこは逆に作者が皮肉っている。黒人に限らずよく人がバタバタ死ぬ。そして極めつけは「愛しき人」だ。有力者の妻で出てきたのが、なんとシャーロット・ランプリングだった。76年の映画で一番きれいな時ではないか。ほんとに美しい! しかし、美しすぎて、無垢な感じがしてしまう、役どころは無垢ではない。「愛しき人」はム所帰りの恋人だった時は酒場の踊子だ。それに、ネタバレになるが一番のワルモノなのだ。最後になると、チャンドラーってほんとは女が嫌いなのか、あるいは信用してないのかと思う。ロング・グッドバイでも最後は主人公の美しい女にマーロウも周りも軽く翻弄されて終わる。でもなにか惹かれるマーロウ。図書館で「大いなる眠り」 を借りてきてしまった。

さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) -
さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) -  原作本。2011の村上春樹訳。1976の清水俊二訳が「さらば愛しい人」題名はこちらの方がかっこいい感じがする。
映画はVHSのみのようだ。

posted by simadasu.rose at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

超・箇条書き(杉野幹人)

超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術 -
超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術 -  2016.6

外資系で働いてきた著者が培ったプレゼンの技術を伝授。
単なる箇条書きでなく、それに「構造化」「物語化」「メッセージ化」の内容を加味して紙面を作る。
「構造化」
・相手が全体像を一瞬で理解できるように。伝えたいことの幹と枝を整理。
 @状態・現象(自動詞で表現)と、行為を伝える文(他動詞で表現)をまとめる。
 A「時間軸」を整理する。並列のつながりと直列のつながり
   「人員不足、競合製品がある」ので「戦略部から営業部に応援人員を出して対応する」
   (状態・並列 自動詞)→(時間軸)→ (行為)
 B「ガバニング」最初にまとめる
   ・原因は2つ「人員不足、競合製品」
   ・対応策は1つ「応援人員を出す」
 *「体言」止めは曖昧になるので使わない
   「×コストの低下」 をするのか、原因なのか が分からない
「物語化」
・相手が関心を持って最後まで読み切れるようにする。相手の文脈を考えて全体の流れを作る。
  イントロとフック〜小見出しをつける
  MERC崩し〜重要な部分のみ伝え、全てを伝えない
  固有名詞を出して気を引く

「メッセージ化」
・相手の心に響かせ、行動を起させる
  自分のスタンスを明確に〜賛成か反対か
  隠れ重言排除〜同じ言い回しでダブっている部分を無くす
  否定 「市場の声に耳を傾けず 新商品を自分の信ずる新商品を作ります
  数字 〜を改善する → 具体的な方法を示す「売上を1割伸ばす」  

※相手に時間があり勉強かタイプの時はベタ書きの方がよい

posted by simadasu.rose at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・その他ジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

さざなみ(映画)

毎週の新聞映画紹介欄のシャーロット・ランプリングの老境の顔と紹介文で観てみようかと思った。

土曜日に結婚45周年のパーティーをするその週の初めに届いた、知り合う前の夫の昔の恋人の死体発見の通知。映画は、月曜、火曜、水曜、と一日ごとに進む。次第に見えない昔の恋人に対し普通ではいられない感情に捉われる妻。夫も昔の感情を思い出しているように思える。そして迎えるパーティーでの夫のスピーチ。夫は妻に記念のペンダントを送り、「人生の選択はまちがってなかった。妻よありがとう」と言い涙をながす。夫は画面から去り、S・ランプリングの顔が大写しになって映画は終わる。スピーチではえーっつ、納得したの?なーんだ、と一瞬思ったが、大写しのランプリングの顔は憂いに満ちている。

チラシは夫の顔が4分の1で表情は見えない、ランプリングは8割映っていて、グレイの目と結んだ唇が映画の内容を物語っているようだ。設定では1962年に夫が25歳なので、制作年2015だと夫は77歳、妻は10代で夫と知り合ってることになっているので70歳位の設定か。するとこの後夫の平均寿命まで10年位は結婚生活が続くわけだ。いや続かないか。監督は42歳である。夫の昔の女性関係に妻の心にさざ波が起こる、というのはよくあるだろう。それが結婚1年目か20年目か45年目か。1年目に起こっても封印し、それが45年目にまた再燃するかもしれない。紹介文を見た時からこの映画は夫とは観たくない、1人で観たいと思ったが正解だった。

場所はイギリス郊外なのか、非常に美しい田園風景に溶け込む毎朝の犬の散歩のランプリングの足の長さよ、実年齢70歳という姿のよさよ。(しかし身長は自分とほぼ同じなのだ)

「さざなみ」公式サイト

「さざなみ」映画comサイト
  監督インタビュー 42歳の監督に老境の夫婦の心情を見透かされる・・

posted by simadasu.rose at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

竜と流木(篠田節子)

竜と流木 -
竜と流木 -  2016.5

南の小さな島の泉でそっと生きてきた生物ウアブ。説明からだとウーパールーパーのようなもの。島が開発され泉が無くなることになり愛好者たちは隣の島のリゾートホテルの池に移植することにするが・・・
自然と共生した島の暮らしに踏み込むリゾート開発、南国の自然を売りにしたホテルの敷地内は作られた自然だ、とか、ワニやイモリなど時には人間を襲う動物ともうまく共生してきた島の暮らしに相対するホテルの自然など、自然をそのまま守ることの難しさ、人間の都合によって自然を作り換えても、そうたやすく自然は屈しないぞ、といった警告を発している。
posted by simadasu.rose at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・篠田節子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI アクセス解析 with Ajax Amazon